wdiskts

Section: WIN SYSTEM (1W)
Updated: 2002.5.31
Index Return to Main Contents
 

名称

wdiskts, wdisktsd - 「書き込み時刻」付 win 形式データのディスクファイルへの書き込み  

形式

wdiskts shmkey outdir [ nfiles [ logfile ]]

wdisktsd shmkey outdir [ nfiles [ logfile ]]

 

解説

wdiskts は、キー shmkey の共有メモリ・セグメントに書き込まれている、 「書き込み時刻」付きの win 形式のデータを、ディスクのディレクトリ outdir の中に、win 形式のファイルとして書き込みます。1秒毎に共有メモリからメ モリに読み込みます。ですので、読み 出し側の共有メモリの大きさは、1秒間で上書きされないだけの大きさを取る 必要があります。 分の値が変わった時に一気にディスクに書き込み、書き込みの際、パケットを 時間順に整列します。wdiskts では、ファイルは1分間分ずつ、'YYMMDDhh.mm' の形式の名前をもつファイルにまとめられます。ファイル名はシステムの 時刻が用いられます。よって、システムの時刻が1分以上飛ぶと、ファイル名 が不連続になったり、書き込んだファイルを上書きすることがあります。  nfiles は保存するべき最大のファイル数で、常時最新の  nfiles 個のファイルが保存され、それより古いファイルは消されていきます。 nfiles を指定しないか、'0' を指定すると、ファイルを自動的に消すことは しません。

wdisktsd はdaemon モードで起動します。

ログファイル名  logfile を指定すると、ここに動作ログがとられ、指定しないとログ情報は標準出力に 送られます(ただし、daemon モードで動いている時は syslogd(8) に送られま す)。ログファイルは書き込みのたび毎にオープン/クローズされます。

wdiskts は引数なしで起動すると簡単な使用法を表示します。  

共有メモリ上の形式

recvt(1W) を参照してください。 -B オプションで書き込まれた形式はサポートしていませんので御注意下さい。  

ファイル

wdiskts は出力ディレクトリ  outdir に次のようなテキストファイルを作り、 それぞれの内容によって動作状況を示します。

BUSY現在書き込み中のファイル名
COUNT現在のファイル数
LATEST最も新しく書き込みの完了したファイル
MAX保存すべきファイルの数
OLDEST最も古いファイル名

wdiskts の動作中でもファイル MAX を書き換えると、それ以降は 「保存されるファイルの数」が新しい値に変わります。  

ソース

wdiskts.c
 

関連事項

recvt(1W), order(1W)


 

Index

名称
形式
解説
共有メモリ上の形式
ファイル
ソース
関連事項

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 14:32:49 GMT, August 18, 2017