wadd2

Section: WIN SYSTEM (1W)
Updated: 2002.5.31
Index Return to Main Contents
 

名称

wadd2 - 時間の重なった2つの win 形式ファイルの統合  

形式

wadd2 mainfile subfile [ outdir ]

 

解説

wadd2 は、win 形式ファイル  mainfile と、 win 形式ファイル  subfile を統合して、結果を  mainfile と同じ名前で  outdir で指定されたディレクトリに入れます。  outdir として '-'を指定すると結果は標準出力に書き出されます。  outdir が指定されないと、結果は  mainfile を置き換えます。同じ秒の同じチャネルのデータが両方のファイルに存在する 場合は、  mainfile のデータが優先され、  subfile のデータは捨てられます。それ以外の場合はすべてのデータが 統合されて結果のファイルに出力されます。 したがって、結果のファイルの時間範囲は、2つの入力ファイルの うち早く始まったほうの開始時間から、遅く終わったほうの終了時間までに なります。

同じチャネル構成をもち、時間範囲が前後して重ならない2つの win 形式 ファイルを連結するには、(wadd2 も利用できますが) cat(1) が利用できます。

wadd2 は引数なしで起動すると簡単な使用法を表示します。  

オプション

なし
 

ソース

wadd2.c
 

関連事項

wadd.c(1W), win(1W), wed(1W), wck(1W), winformat(1W)


 

Index

名称
形式
解説
オプション
ソース
関連事項

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 12:06:53 GMT, June 25, 2017