select_stations

Section: WIN SYSTEM (1W)
Updated: 2004.1.29
Index Return to Main Contents
 

名称

select_stations - チャネル表形式のファイルから任意の領域の観測点を選び出す  

形式

select_stations ch_file polygon_file

 

解説

select_stations はチャネル表形式のファイル  ch_file の中から、  polygon_file で指定される多角形領域の内部に位置する観測点の行(チャネル)を 選び出して、標準出力に書き出します。ただし  ch_file で緯度と経度が省略してあるチャネルは無視されます。 チャネル表ファイルの形式については win(1) を見てください。
 polygon_file の形式は次の通りです。 多角形の頂点の座標(度単位の緯度と経度を空白またはタブで区切る)を 1行に1点ずつ、順に時計回りに羅列します。最後の頂点は最初の頂点と 一致させて多角形を閉じることが必要です。多角形の頂点は 外側に凹でもかまいません。

select_stations は領域を示す多角形の各辺を、 時計回りに順に調べていき、点から最も近い辺の (始点から終点を見込んだ)右側に点がある場合に、 その点は多角形の内部にあると判断しています。

select_stations は引数なしで起動すると簡単な使用法を表示します。  

オプション

なし
 

ソース

select_stations.c
 

関連事項

win(1W)  

バグ

初期のプログラム(1999.11.9版)にあった重大なバグは 2004.1.28版で修正されました。


 

Index

名称
形式
解説
オプション
ソース
関連事項
バグ

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 01:52:00 GMT, March 25, 2017