recvts

Section: WIN SYSTEM (1W)
Updated: 2000.8.14
Index Return to Main Contents
 

名称

recvts - HDLCボードからの win 形式データの受信  

形式

recvts shmkey shmsize [ chfile [ logfile ]]

 

解説

recvts は、PCのRS-422インターフェース用HDLCボード(白山工業製)に 入力される衛星システム配信系 6Mbps回線の win 形式 データを受信し、キー  shmkey で与えられる共有メモリ・セグメントに(巡回的に)書き込みます。 そのキーをもつ共有メモリ・セグメントが存在しない場合は、大きさ  shmsize  (KB) の共有メモリ・セグメントが作られます。すでに存在している場合は、 そのサイズが  shmsize  (KB) よりも小さいとエラーになります。 UDP ポート番号は16ビットの整数値、共有メモリ・キーは32ビットの 整数値です。チャネルファイル  chfile が与えられた場合は、その中にリストされたチャネルのデータだけが 受信されます。ただしチャネルファイル名の先頭に '-' を付けたときは、 そのファイルにリストされた以外の全チャネルのデータが受信されます。 chfile が与えられないか、または '-' である場合は、全チャネルが受信されます。

ログファイル名  logfile を指定すると、ここに動作ログがとられ、 指定しないとログ情報は標準出力に 送られます。ログファイルは書き込みのたび毎に オープン/クローズされます。動作ログにはデータ量に関する統計が 含まれます。これは起動時およびrecvtsがHUPシグナルを受けるたびに ログに書き出されますが、その内容は、前回書き出して以降の、 パケット数(np)、バイト(nb)、および測定期間の長さ(per)です。 recvtsがHDLC回線から受け入れるデータは種別 'A1'のパケットだけですが、 統計情報として測定されるデータ量は、HDLCフレームのデータ部分全体 についてで、すべてのパケット種別を含むものです。したがって、 この情報から回線の正味の利用率を見積もることができます。
大学の衛星システムの配信系の場合、パケットサイズは 平均3.7KB程度になっています。HDLCフレームには前後に フラグ等がつきますが、この程度の大きなパケットサイズだと その分のオーバーヘッドは 1%以下でしょう。またHDLCでは、1 が5個続くと 次に必ず余分の0 を1個挿入しますが、それによる増加も 確率的に 1%以下です。

recvts は、自ホストの内部時計よりも+/-30分以上離れた時刻の データパケットは受け付けません。したがって recvts を走らせる ホストでは、時計をある程度正確に合わせておく必要があります。

recvts が受信するデータは、一般に記録の時間順に送られてくるとは 限りません。この場合、recvts が書き込んだ共有メモリ上でも、データは 時間順にはなりません。order(1W) はこれを時間順に並べ変えます。

recvts は引数なしで起動すると簡単な使用法を表示します。  

HDLC上の形式

データはHDLC パケットで伝送され、配信系回線の拡張形式をもっています。 recvts はパケット種別 'A1' のパケットだけを受け入れます。  

再送プロトコル

配信系RS-422回線は一方通行で、再送機能はありません。  

共有メモリ上の形式

recvts が共有メモリに書き込むデータの形式については、recvt(1W)を 参照してください。  

オプション

なし
 

ソース

recvts.c
 

関連事項

winformat(1W), recvt(1W), order(1W)  

動作環境

recvts は、FreeBSD上で動作し、HDLCデバイス /dev/brhdlc0 をオープンして ここからデータを読み込みます。


 

Index

名称
形式
解説
HDLC上の形式
再送プロトコル
共有メモリ上の形式
オプション
ソース
関連事項
動作環境

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 12:02:29 GMT, June 25, 2017