recvstatus3

Section: WIN SYSTEM (1W)
Updated: 2005.4.26
Index Return to Main Contents
 

名称

recvstatus3 - 白山WIN_UDP動作/設定ステータスパケットの受信(LS8TEL)  

形式

recvstatus3 [-D] port dirname [ logfile ]

recvstatus3d port dirname [ logfile ]

 

解説

recvstatus3 は、白山工業社製データロガーLS-8000SH(ファームウェア: LS8TEL16, LS8TEL14)から送信される、設定ステータスパケット(パケット種類 A8)と動作ステータスパケット(パケット種類A9)をUDPポート  port で受信し、ディレクトリ  dirname の下にファイルとして出力します。保存されるデータは、パケットデータの部 分のみで、A8の場合53バイト、A9の場合64バイトのバイナリです。

dirname 以下には、LS8_XXXX (XXXXはロガーアドレス)が無ければ作られ、更に、A8パ ケットの場合はSTS、A9パケットの場合は STM というディレクトリが無ければ 作成され、その下にファイルとして保存されます。ファイル名は、パケットデー タ中の時刻フィールドの内容と同じになります。

recvstatus3d は daemon モードで起動します。

ログファイル名 logfile を指定すると、ここに動作ログがとられ、 指定しないとログ情報は標準出力に 送られます(ただし、daemon モードで動い ている時は syslogd(8) に送られます)。ログファイルは書き込みのたび毎に オープン/クローズされます。

recvstatus3 はパケットの再送要求を行いません。 recvstatus3 は引数なしで起動すると簡単な使用法を表示します。  

オプション

-D
daemon mode で起動します。
 

ソース

recvstatus3.c
 

関連事項

ls8tel_STM(1W), ls8tel_STS(1W)


 

Index

名称
形式
解説
オプション
ソース
関連事項

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 10:51:45 GMT, April 27, 2017