recvt

Section: WIN SYSTEM (1W)
Updated: 2015.12.28
Index Return to Main Contents
 

名称

lily - 傾斜計LILYからのUDP/IPパケットの受信  

形式


lily [ -b 4|5|5f ] [ -t ] [ -e ch_base2 ] [ -g mcast_group ] [ -i interface ] [ -s itvl ] port ch_base shmkey shmsize [ logfile ]

 

解説

lily は、自ホストの UDP ポート番号  port に宛てて送られる傾斜計LILYからUDPパケット を受信し、1秒1パケット(サンプリングレート1Hz)のWIN形式に変換してキー  shmkey で与えられる共有メモリ・セグメントに(巡回的に)書き込みます。 LILY自体はシリアルインターフェースを持ち、テキスト形式で

$  -5.462,  26.241,  7.36,  9.99,03/12/00 07:10:06,11.85,N9613

のようなデータを出力しますが、lily が受信するのは、それを シリアル/IP変換器(例えばMOXA NPort5110)でUDPパケットに変換したものです。 上の例では、出力の各項目は左から、傾斜X成分、傾斜Y成分、 磁気コンパス方位、温度、タイムスタンプ、電源電圧、機器番号です。 lily が想定するのは、後述する方法で毎秒このような行を出力するよう設定された LILYからの出力です。 lilyは、1パケットに複数行が含まれていたり、1行が複数パケットに 分割されていた場合でも、正しく処理できるはずです。 WIN形式についてはwinformat(1W)を、 共有メモリ上のフォーマットについてはrecvt(1W)を参照してください。 WIN形式のチャネル番号は、X成分が  ch_base 、Y成分が  ch_base +1 になります。傾斜X,Y成分の単位はナノラジアンです。 キー  shmkey をもつ共有メモリ・セグメントが存在しない場合は、大きさ  shmsize  (KB) の共有メモリ・セグメントが作られます。すでに存在している場合は、 そのサイズが  shmsize  (KB) よりも小さいとエラーになります。 UDP ポート番号は16ビットの整数値、共有メモリ・キーは32ビットの 整数値です。

ログファイル名  logfile を指定すると、ここに動作ログがとられ、 指定しないとログ情報は標準出力に 送られます。ログファイルは書き込みのたび毎に オープン/クローズされます。

lily は引数なしで起動すると簡単な使用法を表示します。  

オプション

-b mode
書き込みデータのサンプルサイズが 4 バイト の場合のサンプルサイズ情報のモードを指定します。
4 : サンプルサイズ情報を 4 にします。
5 : サンプルサイズ情報を 5 にします。
5f : サンプルサイズが 4 バイト長以外についてもサンプルサイズ情報を 5
     にします。つまり、常に圧縮の無い固定長データとなります。
-t
WIN形式のタイムスタンプを付ける際に、LILYから送られて来る データに付けられたタイムスタンプを使います。デフォルトでは lilyを実行するホストのシステム時計が使われます。
-e ch_base2
出力を磁気コンパス方位と温度も含めた拡張形式とし、 それらのチャネル番号をそれぞれ、  ch_base2 ch_base2 +1 とします。磁気コンパス方位の単位は0.01度(磁北が0で右回りに 1周が36000)、温度の単位は0.01℃(摂氏温度を100倍したもの)です。
-g group
IPマルチキャストアドレス group に対して送信されるパケットを受信します。
-i interface
パケットを受信するネットワークインターフェースを、そのインターフェースの IPアドレス interface で指定します。
-s itvl
 itvl ログファイルにLILYからの生のテキストデータを書き込む間隔を、 分単位で指定します。デフォルトは 0 で、その場合は 起動時に一度だけ、生データがログファイルに書き込まれます。
 

LILYの初期設定方法

LAN経由で設定する場合は、LILYとの通信に wxtrecv(1W) と wxtsend(1W) を利用することができます。
(1)Advenced Memory Modeに入る
    *9900XY-TOGGLE-AMEM
       ←このコマンドで
           - Advanced memory logging ON
           - Supply Voltage ON
           - Timestamp ON
         も設定される。
(2)電源OFF/ON後も内部データが残るようにする
    *9900XY-TOGGLE-AUTO-RECOVERY
(3)メモリを消去し蓄積を開始(伝送のみする場合は必要なし。)
    *9900XY-MEMS
(4)計測開始(毎秒出力)
    *9900XYC-OFF
    *9900XYC2
 

ソース

lily.c
 

関連事項

winformat(1W), recvt(1W), wxtrecv(1W), wxtsend(1W)


 

Index

名称
形式
解説
オプション
LILYの初期設定方法
ソース
関連事項

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 13:44:11 GMT, June 27, 2017