_bj

Section: WIN SYSTEM (1W)
Updated: 2001.2.7
Index Return to Main Contents
 

名称

_bj, _bj1, _bj2 - イベント収録サーバーのデータベース処理  

形式

_bj [ conf_file ]

_bj1 [ conf_file ]

_bj2 [ conf_file ]  

解説

_bj はイベント収録サーバーにおいて、pmon(1W) が生成するトリガーリスト、 events(1W) が生成するイベント波形ファイル、automan(1W), autopick(1W) による自動検測処理や対話検測処理処理で生成される検測情報ファイルを 管理し、これらをもとに震源データベースや収録・検測状況一覧 ( ee(1W) リスト)を生成します。 _bj は _win(1W) から起動され、常時バックグラウンドで実行されている のが普通です。実際に _bj がやっていることは、もっぱら月変わり処理を 行なう newym(1W) と、それ以外の処理を行なう _update(1W) を交互に 実行するだけです。ただし当月分の収録・検測状況一覧だけは別に _bj1 が _update1(1W) を使って行ないます。

_bj/_bj1 は win.conf スクリプトを実行してサイトに 依存する設定を行いますが、 conf_file を指定すると代わりにこれを実行します。win.conf の例は次のような ものです。

#
# win.conf : configuration file for win system
#
PATH=/usr/ucb:/usr/sbin:/usr/bin:/dat/bin/prog:/dat/bin/SOL2:/dat/bin/SPARC
export PATH
#
TD=/tmp             # working directory for small temporary files
SEIS=eri            # system (observatory) name
PUSH="hosta hostb"  # host names to which final data and evtemp are sent
TIMO=180            # timeout period for PUSH (s)
DD=/dat             # directory for win system
export TD SEIS PUSH TIMO DD
#

_bj2 は _bj と _bj1 の両機能を加えて簡略化したもので、_update2(1W) を 使用します。処理内容については _update2(1W) を参照してください。  

オプション

なし
 

ソース

_bj
_bj1
_bj2
 

関連事項

_win(1W), pmon(1W), events(1W), automan(1W), autopick(1W), newym(1W), _update(1W),_update1(1W), _update2


 

Index

名称
形式
解説
オプション
ソース
関連事項

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 12:06:30 GMT, June 25, 2017